MENU

豊平川花火大会の混雑状況は?トイレや駐車場、近辺の人気スポットなども紹介します【体験談】

彼氏と一緒に豊平川花火大会に行ってきました♪豊平川花火大会は、正式名称を「道新・UHB花火大会」と言い、例年7月の最終金曜日に開催されます。

札幌の夏を代表する一大イベントでもあり、毎年多くの人で賑わう花火大会です。そこで今回は、豊平川花火大会の見どころや、アクセス方法・混雑状況・穴場スポットなど、気になる口コミを体験談を交えまとめてみました。

「一度行ってみたい!」と思っている方の参考になれば幸いです。

目次

豊平川花火大会の体験談

豊平川花火大会は、開始時刻にあわせて行くと河川敷はほぼ間違いなく立ち見になります。ですので、河川敷で座って見たいという方は早めに行ってレジャーシートなどで場所取りが必要です。

また、屋台などの出店はなく、会場で飲食をする場合は来る途中のコンビニやテイクアウトのできるお店で買って持っていくのがいいでしょう。

近くに北海道一の繁華街・すすきのがあり、飲食店はたくさんありますが花火大会終了後はとても混雑し、とくに居酒屋やおしゃれなお店は早い者勝ちになります。

確実にお店に入るには事前に予約をしておくか、花火を一通り見たら大会終了前にお店に入ってしまうのがおすすめです。

あと、豊平川花火大会は小雨程度なら決行されます。私たちが行ったときもあいにくの雨でした(;^ω^)

真夏とはいえ天候次第で夜は冷え込むことがあるので、その日の天気予報に合わせて暑さ・寒さ対策をしておいたほうがいいと思います。

豊平川花火大会の住所は?

豊平川花火大会は、豊平川南大橋?幌平橋の間で行われます。

住所でいうと、札幌市中央区南13条西1丁目です。↓このあたり。



  • URLをコピーしました!
目次
閉じる