MENU

土浦花火大会の混雑状況は?花火の場所や穴場スポット、見どころや駐車場等を紹介します【体験談】

トップレベルの花火を一夜で見られる、土浦花火大会。近年は2年連続大会が中断されたことにより、運営への低評価な口コミも目立ちますが、「一生に一度は見にいくべき」「息をのむ美しさ」「混雑を我慢してでもまた見たい」という称賛の口コミも、以前から多く投稿されています。

そこで今回は、私が実際に同僚10人と行った時の様子について、振り返りながら詳しくお伝えしようと思います。土浦花火大会に行こうか迷っている方や、様子を詳しく知りたいという方は、ぜひご覧ください。

目次

土浦花火大会の混雑状況は?

混雑は当日朝から始まります。

混雑のピークは、桟敷席のチケットを持っている人たちが動き出す16時頃から始まる印象です。シャトルバス乗り場にも行列ができていました。会場までは人の流れができているので、その流れに乗れば会場に行けます。

混雑に関しては、行きよりも帰りの方が深刻です。帰りの土浦駅は、混雑状況により入場規制が掛かる場合があります。常磐線は特別運行がないため、花火大会に来た人たちは最終電車に殺到します。

最悪、最後まで見たい気持ちを抑えて、早めに行動することを検討した方がいいかもしれません。都心の満員の通勤電車並みの混雑になります。

私たちは近くで降りましたが、おそらくその混雑はしばらく続くと思われます。

土浦花火大会の場所は?

会場は「土浦市佐野子地内桜川畔(学園大橋付近)」とされています。

会場住所:茨城県土浦市佐野子



  • URLをコピーしました!
目次
閉じる