MENU

熱海海上花火大会の穴場は?駅からのアクセス方法や駐車場などの混雑情報、周辺のおすすめスポットなどを紹介します。【体験談】

近年コロナで開催を見送っていた熱海海上花火大会に行ってきました!

夏の風物詩である花火ですが、熱海海上花火は夏だけでなく年間を通して行われている花火大会です。

会場はその名前の通り海の上!

海の水面上いっぱいに咲き誇る大輪の花に心を奪われたのは言うまでもないことです。

そんな熱海海上花火大会についての魅力や耳よりな情報を実体験をもとにまとめていきます♪

目次

熱海海上花火大会はどんな花火大会?

熱海海上花火大会は1年間を通して行われている花火大会です。

春夏秋冬それぞれの季節が織り成す花火は、その季節によって雰囲気も変わってきます。

その歴史は1952年に始まり、人々を魅了してきました。

海上で打ち上げられると言うだけで心惹かれるシチュエーションですがそれだけではなく、三方を山で囲まれた熱海湾はすり鉢状の地形になっているため、海で上がる花火の音が反響し、まるで大きなスタジアムにいるような迫力があります。

また、空に上がる花火と海面に映る花火の光でより一層華やかで、他の花火大会にはない美しさを誇っています。

7、8月の夏の開催時期は25分間で約5000発、それ以外の時期は20分間で約3000発もの打ち上げ数になります。

そして熱海海上花火大会の見所とも言えるのは、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」。

これはただの仕掛け花火ではなく、会場全体から打ち上がるスターマイン。

辺り一帯が眩しくなるほどの光の洪水に息をのみ、まばたきをするのを忘れるほどでした!

最初から最後まで幻想的な美しさにとても感動をしました。

熱海海上花火大会の混雑状況

花火大会と言えば気になるのは混雑状況ですよね。

熱海海上花火大会は都心の花火大会と比べれば少し落ち着いている印象です。

しかし打ち上げ場所から程近い親水公園第一工区は特に混雑していました(>_<)

また年間を通して開催されている熱海海上花火大会ですが、春~夏にかけてが特に来場される方が多くなります。

熱海海上花火大会の場所

名前の通り、打ち上げ場所は熱海湾の海上です。(静岡県熱海市)



  • URLをコピーしました!
目次