MENU

玉淀水天宮花火大会の体験談。有料観覧席情報、おすすめポイント、周辺の穴場スポットやアクセス方法、駐車場等について紹介します!

玉淀水天宮花火大会は、毎年8月第一土曜日に埼玉県大里郡寄居町で開催されます。

水天宮を祀る「寄居玉淀水天宮祭」のクライマックスを飾る花火大会で、水天宮祭をふくめまだ全国的な知名度はいまいちですが、私たち地元民にとって自慢の花火大会です。

私はほぼ毎年訪れていて、子供の頃は同級生や祭事部所属の方と、成人してからは一人でふらっと行ったりもしています。

今回は地元民がぜひおすすめしたい玉淀水天宮花火大会について、混雑状況や見どころ、穴場スポットなどに分けまとめました。

目次

玉淀水天宮花火大会について

玉淀水天宮花火大会は、水天宮の例祭である「寄居玉淀水天宮祭」の付け祭りとして行われ、毎年県内外から6万人ほどが訪れます。

打ち上げ時間は19:00から21:00で、打ち上げ数は約5000発。

仕掛け花火やスターマイン、ナイアガラの滝などの花火が祭りに華をそえます。

関東一の水祭りとも呼ばれ、町内会ごとに出される5隻の飾り付けられた舟山車と花火の見事な競演はおおくの人を魅了してやみません。

玉淀水天宮花火大会の混雑状況

玉淀水天宮花火大会は、大規模な花火大会のように身動きが取れなくなるようなことはありませんが、やはり町内一の大きなイベントですので混雑はします。

とくに17:00頃になると屋台目当ての人も集まりだし、花火が始まる19:00にはかなりの人だかりです。

場所取りを考えている人は、少し早めに出かけるほうが良いと思います。

玉淀水天宮花火大会の場所

玉淀水天宮花火大会は、埼玉県大里郡寄居町の玉淀河原で行われます。



  • URLをコピーしました!
目次